未来を発明する方法

テクノロジーの流れを知っておくことも新規事業企画開発では重要なインプットです。将来、あなたのキャリアに関係するかも知れない。「新結合」の切っ掛けになる可能性を秘めています。

牛のいらないハンバーガー

研究室で作り出す肉は、私が「2019年版ブレークスルー・テクノロジー10」に選んだものの1つだ。研究室で動物性蛋白質を作り出すことの目的は、より多くの人々の食を賄うことではない。食肉の需要は増加しているとはいえ、世界中の人々の食を賄うのに十分な数の家畜はすでに存在している。次世代の蛋白質で重要になるのは、より多く作り出すことではなく、より良く作り出すことなのだ。これによって、人口増加を続け、より物質的に豊かになった世界中の人々に、森林伐採やメタンガスの放出を引き起こすことなく、蛋白質を供給可能になる。さらに、ハンバーガーを食べるためにどんな動物も殺さずに済む。

https://www.technologyreview.jp/s/128531/bill-gates-how-well-invent-the-future/

器用に動くロボット

原子力発電所の新たな波

オーダーメイドのがんワクチン

下水管のいらないトイレ

早産児の予測

ピル型腸検査装置

二酸化炭素回収装置

手首に装着する心電計

話し上手なAIアシスタント

一般社団法人子供教育創造機構 森博樹’