その”やりたい”は『本来感』につながりますか?

カオス時代な今、『コトを興す時』に、人を突き動かす「何か」が必要である。

この体感覚的を可視化すると日本には「生き甲斐(IKIGAI)」というコンセプトがあります。

【参考】World Economic Forum : Is this Japanese concept the secret to a long, happy, meaningful life?

自分の”生きる意味” IKIGAIは何なのか?

はじめからIKIGAIを自己認識できている人は幸せで、大半の人は、生きて働く中で人生の中で「感じていくこと」が必要です。

大切なのは”内発的”に本当に取り組みたいと思えているか?

下記の図のとおり、人は自尊感情の源として「本来感(内的)」「優越感(外的)」の2つがあります。優越性に源を置いたときに、外的要因の変化の早さを考えると、自尊感情が安定しないことは容易に想像できます。

”世界には、自分よりも「優れた能力をもつ人はいくらでもいる」という事です。”

【出所】自尊感情の心理学 , 著者 中間玲子 編著

もちろん、承認欲求を満たすことも、自尊感情を維持する方法でもあります。自己認識して、区別できていることが大事です。

損得なしに、ただ、没頭している(フロー状態)を知っているか?この体験の積み重ねでIKIGAIを自己認識していく。

新規事業企画開発に関係があるの?

新規事業企画開発の工程は「思い通りに行かないことに向き合う力」がもとめられ、外的欲求で行動するときに、おそらくエネルギー源を失うタイミングがきます。

理由は簡単で、0→1期は、「他の誰か」に認められない時期が続くからです。

一方、内発的動機からくる行動は、その命があるかぎり、継続する事ができる。

なぜなら、「ただ、やりたいから」「それをすることが生きる意味だから」です。

本来感で生きるのか、優越感を求めるのか?それはひとり一人の自己選択に委ねられます。

一般社団法人子供教育創造機構 森博樹’